忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2019'09.06.Fri
いい菜&ゼストの「鮭海苔弁当」を食べた。



池袋東口の「池袋ショッピングパーク」の中にある総菜と弁当を販売する店。神奈川県にある株式会社ゼストクックという会社が運営しているらしい。定価税込627円、熱量は表記なしで不明。おかずの一部がご飯の上に載る半セパレートタイプで、添付調味料はなし。製造者は、株式会社池袋ショッピングパーク。おかずの種類は、焼き鮭、鶏の唐揚げ、豆腐ハンバーグ(野菜のあんかけがかかったもの)、卵焼き、カボチャ煮、アスパラガス煮、ひじきの煮物、豆の煮物、大根の桜漬け……と(のり弁としては)高価なこともあってか多めのラインナップかつ、反ジャンクな方向性でまとめている。実食してみると、やはり全体的に優しいテイストで、どのおかずも身体によさそうな感じが伝わってくるが、半面、のり弁としての食べ応え感にはかなり欠ける。特に煮物類は、薄味すぎてご飯に合わないような気がした。焼き鮭と唐揚げは濃い味でかろうじて及第点の品。ご飯サイドのほうは、海苔の下になにも挟まっていなかったのがなんともさみしく、この点をもってしても「のり弁愛」が足りないのり弁と言わざるを得ない。評価は4点(10点満点中)。600円以上するのなら、もう少しがんばってほしかったという感想。


拍手[1回]

PR
2015'07.21.Tue

総菜市場の「のり弁当」を食べた。
 

 
近所の商店街にある小さな総菜店。コロッケや唐揚げなどの惣菜を対面販売しており、それを利用した弁当も一緒に売っている。ロースとんかつ弁当、焼肉弁当、唐揚げ弁当などは一律400円均一で、のり弁当だけが300円(税込)。カロリーは不明。内容は、海苔オンザご飯の上に白身魚フライと鯖の塩焼き一切れ。おかずに、唐揚げ、ウインナー、厚揚げ煮、ひじきと竹輪煮、スパゲッティのケチャップあえ、大根の桜漬けという布陣。調味料はソースのみ。一見ボリュミーに見えたが、容器の底が浅く量はそれほどでもない。ただし、ご飯がほんのりと温かかったので、作ってからそれほど時間が経っていないように思われた。一見のり弁に見えないのは、海苔の面積が小さめなのとちくわ天の替わりに海苔の載っているのが鯖の塩焼きだから。その鯖の塩焼き、脂がのっていて美味だが、やはりこれがあることによってのり弁のイメージが薄れてしまい、幕の内弁当を食べているような気分にもなってしまう。唐揚げ、ウィンナー、厚揚げも美味しいが、その美味しさも逆にのり弁としてのあるべき調和(ジャンク感)を壊している。総菜店の特色を生かした弁当ではあるのだが、ここはシンプルな内容ののり弁に徹したほうがよかったのではないかと思った。というわけで評価は辛めの4点(10点満点中)。肝心の白身魚フライはいかにも業務用を揚げただけといった感じの食感で、揚げ物をメインに扱う総菜店のそれとしては非常に残念なものであった。

拍手[0回]

 HOME 
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/13 メニエル]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]