忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2019'02.01.Fri
和食屋の惣菜えんの「おとなの海苔弁」を食べた。



東武池袋店地下
2階にある惣菜店ののり弁。定価税込1080円、熱量は不明。製造者は株式会社ビー・ワイ・オー。漬け物以外のおかずがすべてご飯の上に載る一体型で、添付調味料はなし。おかずは、焼鮭(原材料名のラベルには「サーモントラウトの照り焼き」と表記)、ちくわ天、鶏の黒ごま七味焼き、味付け卵半分、さつま芋のおかか和え、焼き明太子、小松菜ナムル、しば漬け……と1000円以上もするだけあって、かなり豪華で多彩な顔ぶれ。で、さっそく実食してみると、焼鮭は、照り焼きを主張するだけあって、ほんのり甘じょっぱい味噌のような味。素直に美味しい。ちくわ天は油っぽさが微塵もなく上品でさっぱりした風味。鶏の黒ごま七味焼きは、複雑な味がしたが、なんだかよくわからないまま食べ終わってしまったのでもっと量がほしかった。味付け卵は、固ゆでと半熟の中間のほどよいゆで加減で好感が持てる品。さつま芋のおかか和えは甘いお菓子のような味で、これはなくてもよかったかもしれない。焼き明太子は、これまでのり弁に入っているものとしては生明太子の経験しかなかったので新鮮な気持ちで食べることができた。ご飯とも合う。小松菜ナムルとしば漬け、前者はごま油の香りが非常によく、後者は嫌なしょっぱさがないところが素晴らしい。ご飯部門のほうも、品質のよさそうな海苔、そしてその海苔の下にしっかりとおかかが敷きつめられていてレベルが高い。というわけで、評価は9点(10点満点中)。全体に濃い味つけなのにコンビニ弁当を食べたあとのような胸やけ感がまったくなかった。ひさびさに満足感の高い弁当を食べたという感想しかなく、これはさすがデパ地下のお弁当と言ってしまっていいだろう。


拍手[2回]

PR
2018'06.07.Thu
西武池袋本店・津多屋の「のり二段幕の内弁当」を食べた。



前回、高級スーパーののり弁に釈然としないものを感じたので、“高級系”ののり弁に再チャレンジ。定価は税込
1134円とこれまで食べたのり弁で一番高価と思われる。熱量は不明で、添付調味料もなし。ご飯とおかずの位置が分かれているセパレートタイプで、製造者は有限会社津多屋。練馬区上石神井にある創業45年の仕出し弁当屋さんであるらしい。同封されていたチラシにあった会社の紹介文を少し長くなるが引用する。「『味を大切に』をキャッチフレーズとして食材に拘り、仕入れを吟味し、仕込みを丁寧に手作り品に力を入れ、量産を抑えて、お客様に安心して召し上がって頂けるお弁当です。一度召し上がったお客様が二度三度とご注文を頂き、クチコミで45年間営業部門を一名も置かず現在まで営業して参りました。美味しい物を作る、お客様に喜んで頂く事を社員一人一人が自覚して毎日励んでいる会社です。」……食べる前からハードルを上げまくってくれるが、それだけのことを言うだけあって、おかずの種類は実に多彩(牛ゴボウ巻、メカジキ麹焼、さつまあげ、しいたけ煮、里芋煮、豆腐巾着煮、春巻、煮玉子、豚の角煮、卵焼き、マカロニサラダ、クリームコロッケ、大根の桜漬け)。しかも弁当名通りに、ご飯部分は海苔が二段重ねになっているという凝りようだ。かなり期待して実食したのだが、結論としてはどのおかずもクオリティが高くて驚かされた。牛ゴボウ巻きは、味濃いめだが素材がいいのかクドくない。さつまあげは、口に入れたとたん濃い魚の旨味がグワッときて美味。煮物類は、どれも柔らかく上品な味なのにご飯がすすむ。春巻は、アスパラやカニカマなども入っていて食感が楽しい。豚の角煮は、1枚かと思ったら2枚入りで、味は薄めだが、肉の味がしっかりしているのでものたりなさはない。煮玉子は、固ゆでの黄味と味の染みこんだ白身とのコンビネーションが素晴らしい。ゴボウと人参入りの卵焼きは、出汁の味で食べさせるタイプのもので美味い。マカロニサラダは、味は濃いのにジャンクさがないのが不思議(品質のよいマヨネーズを使っているのかもしれない)。そして“ベストおかず”は、カニクリームコロッケに決定。結構な量のカニが入っているうえに、冷えても美味しかった。というか、冷えたほうが美味しくなるように作られているのがよくわかる品。……とここまでは文句のつけどころがなかったのだが、唯一イマイチだったのがメカジキの麹焼。かなり硬く、しかもパサついていた。これは弁当のおかずにするには不向きだったかもしれない。対してのご飯部門は、やはり海苔が二段重ねになっていることがかなりのバリュー感を醸し出しており、 しっとりとした海苔は“家で作ったのり弁”に近い素朴な美味しさがある。というわけで、総合的な評価は9点(10点満点中)。満足度は相当に高かったが、1134円もするのだから当然と思うかどうか、そこが意見の分かれるところだろう。


拍手[1回]

2017'07.20.Thu
刷毛じょうゆ 海苔弁 山登りの「海苔弁 畑」を食べた。



銀座「
GINZA SIX」地下にある高級のり弁専門店「刷毛じょうゆ 海苔弁 山登」。その3種類あるのり弁のうちの最後の一品。定価税込1080円。熱量は不明。製造者は株式会社スマイルズ。「畑」というだけあって、海の幸も山の幸もいっさい入らず、ほぼ野菜だけのヘルシーなのり弁という位置づけらしい。内容は、大場のれんこんもち、まいたけの天ぷら、安納芋の大学芋、青菜のナムル、炒り豆腐。これらのおかずが、海苔ご飯の上に並べられている(一体型)。動物性たんぱく質ゼロののり弁に、いまいち食指が動かない気持ちを抱きつつ、実食。大場のれんこんもちはサクサク感が絶妙で、その食感に大葉の香りがとてもよく合う。悔しいけど美味い。まいたけの天ぷらもサクサクで歯ごたえが楽しい。揚げてから時間が経っているはずだがまったくベトついておらず、かなりいい油を使っていると思われる。大学芋はもともと苦手な料理なので、美味いのだろうがあまりいい印象はなかった。それにこれは単品で食べるべきもので、ご飯のおかずとしてはマッチしないように思う。青菜のナムルはやっぱり普通で、炒り豆腐も普通。そして「有明海で生産される上位1%の一番摘みを使用」の海苔はやっぱり相当に美味だった。というわけで、評価は6点(10点満点中)。おかずのひとつひとつのクオリティはさすがだが、やはりのり弁として考えると、上品すぎでかなりパンチにかなり欠ける感は否めない。そういう意味で総括すると、この店のお薦めは「」→「」→「畑」という結論になった。


拍手[0回]

2017'06.21.Wed
刷毛じょうゆ 海苔弁 山登りの「海苔弁 山」を食べた。



4月にオープンした「GINZA SIX」地下にある高級のり弁専門店「刷毛じょうゆ 海苔弁 山登」。先日は、同店の3種類あるのり弁のうち、「海」というのを食べたが、今回もまた開店直後に並んで、「山」をゲットすることができた。定価は税込1080円。熱量は不明。製造者は株式会社スマイルズ。添付調味料はなし。「海」同様、一体型ののり弁で、海苔ご飯の上に置かれたおかずは、鶏の照り焼き、煮玉子半分、きのこのりんご酢煮、青菜のナムル、ゆず大根といった山の幸なラインナップ。このあいだの「海」は値は張ったもののさすがのクオリティだったため、かなり期待しながらの実食。まずメインの鶏の照り焼きは、柔らかくて食感はよいが、非常に上品な味。弁当のおかずとしてはややものたりない。煮玉子は、半熟加減が絶妙で相当な美味しさ。これなら半身ではなく1個分ほしかった。きのこのりんご酢煮は、酢の味が結構クセのある感じで、好みが分かれる味だろう。どちらかといえば酒の肴向き。青菜のナムルとゆず大根は、前回同様でまあ普通。でも、野菜がこれだけ入っているのはうれしい。“一番摘み”な海苔、も前回同様にさすがの風味。というわけで、今回の評価は7点(10点満点中)。煮玉子以外のおかずが意外と普通だったなという印象で、全体に「海」よりは高級感に乏しい。同じ1080円を出すなら「海」のほうを買うべきだ。


拍手[1回]

2017'06.02.Fri
刷毛じょうゆ 海苔弁 山登りの「海苔弁 海」を食べた。

 

今年
4月、松坂屋跡地に開業し、大きな話題となっている銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」。世界の一流ブランド店が軒を連ねる中、地下食料品売り場になぜか「のり弁専門店」がまさかの同時オープン。ついにのり弁の時代がやってきたのか?これは食せねばなるまいとずっと思っていたのだが、開店後すぐに売り切れてしまうほどの人気の品らしく、これまで買うチャンスがなかなか訪れなかった。が、施設オープンから1ヶ月以上経ってやっと10時半の開店時間に合わせて店に行くことができた。が、しかし。店頭にはすでにもう十数人の行列が! 平日なのにこの加熱ぶりはいったい……と思いながら、列の最後尾に接続。「おひとりさま2個まで」という店員からのアナウンスを聞きつつ、10分近く並んでようやくゲットすることができた(購入するのにこれほど敷居の高いのり弁がこの世に存在するとは……)。買ったのは、3種類あるうちのもっとも普通ののり弁に近い内容と思われる海の幸がメインの「海」(ほかの2種は「山」「畑」という名前)。定価は税込1080円。熱量は不明で、製造者は株式会社スマイルズ。添付調味料はなし。桐箱を模した紙製の蓋を開けると、スタイルとしては一体型ののり弁で、海苔ご飯の上に置かれたおかずは、焼鮭、ちくわ天、卵焼き(「お母さんの玉子焼き」という名称)、青菜のナムル、ゆず大根、しらたきの明太子和えの7種。これまで食べた中でもっとも高価なのり弁に、多少ビビりながらの実食。紅鮭から食べてみる。すると、あまりの美味さに驚倒! 身がとにかく香ばしく、コンビニ弁当のそれとは明らかに別物。1080円の価格の中のかなりのウエイトをしめている一品かもしれない。と思っていたら、次に食べたちくわ天にも驚かされた。サクサクとしたクリスピーな食感に、青海苔の風味があとからガツンとくる。少なくともちくわ天として過去に体験したことのない味だ。卵焼きは、上品な味なのかなと思いきや、結構甘い味。だが嫌な甘さではない。“丁寧に焼かれた感”が伝わってくる焦げ目もうれしい。この3品のクオリティに比べると、青菜のナムル、ゆず大根、しらたきの明太子和えは普通に思えたが、単品で食べたらもっと美味しく感じたかもしれない。「有明海で生産される上位1%の一番摘みを使用」という海苔も、箸で切れやすいやわらかさで素晴らしい品だった。というわけで、評価は9点(10点満点中)。マイナス1点の内訳は、のり弁としては非常識ともいえる値段の高さと、大人の男性ならば満腹にならないであろう量の少なさ。それでも最終的には、残りの2種ののり弁もぜひ食べてみたいという思いが残った。



拍手[0回]

2016'03.07.Mon
松屋銀座店・おべんとう百々小膳の「のり弁当」を食べた。



夕刻の購入だったため、定価税込
648円のところ100円引きの548円。製造者、熱量は不明。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプで、トランプ大の海苔が2枚載ったご飯(なぜか小梅つき)の上のスペースに、のり弁の要素ゼロのおかずが並んでいる。ニシン焼き、野菜の煮物(里芋、竹の子、人参、椎茸、コンニャク)、煮卵、コウナゴくるみ、フキと昆布の煮物、小松菜のおひたし、黒豆、大根のづぼ漬け……ってこんなの絶対にのり弁じゃない!と声を荒げたくなってしまうが、のり弁を名乗ってしまっているのだから仕方がない。釈然としない気持ちのまま実食。ニシン焼きは木のように硬く、調理後時間が経っていることを考慮してもかなりいただけないもの。野菜の煮物、フキと昆布の煮物は、上品というかやさしい味で、のり弁の持つジャンク感とは対極の方向性にある。まずくもないが美味くもない。小松菜のおひたしも同様に上品な薄味。おせちでもないのになぜ入っているのかわからない黒豆とコウナゴくるみは、海苔ご飯とも合わないし、そもそも弁当のおかずとしてどうなのか。海苔の下にちゃんとおかかを敷きつめていた点だけは評価したいが、揚げ物がいっさいないというのはやはり(のり弁として)味気がなさすぎる。いつも思うのだが、デパ地下でこのようなちぐはぐな内容のり弁をわざわざ買う人の気持ちがよくわからない。ほかにもっと美味しいお弁当がいっぱい売っているというのになぜなのだろうか。評価は1点(10点満点中)。


拍手[0回]

2016'02.21.Sun
東武百貨店池袋店・とんかつまい泉の「ごちそう海苔弁当」を食べた。



定価税込
999円とのり弁としては高価だが、デパ地下の弁当としては安いほう。熱量は不明で、神奈川県川崎市にある井筒まい泉株式会社高津工場製。添付調味料はとんかつソースとタルタルソース。ご丁寧にお手拭きまでついている。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプ。容器が4ブロックに分かれており、左下の一番大きなスペースに海苔オンザご飯、その上の横長なスペースに、エビフライ、エビクリームコロッケ、豚ヒレカツ、味付け煮卵、焼き鮭、カボチャ煮、右の小さなふたつのスペースに、大根桜漬け、切り干し大根という値段にたがわない豪華な内容。まずはフライ類から食べてみる。3種とも、当たり前だがコンビニ弁当の揚げ物とは一線を画する美味さ。特にエビフライは身もしっかりしていて美味だった。味付け卵も半熟加減がよくて美味しかったが、焼き鮭はパサ気味でいまいち。カボチャ煮は普通。一方、海苔の下にはちゃんとおかかが敷きつめられており、その量も多くてよかった。……と高いだけあって満足度は高かったが、白身魚フライもちくわ天もないこれを、「ミックスフライ弁当」にせず、わざわざのり弁にしたこの意味はなんだったんだろうという疑問が残る(のり弁ファンとしてはうれしいことだが)。評価は7点(10点満点中)。2日連続でのり弁を食べてしまった。


拍手[1回]

2015'12.22.Tue
松屋銀座店・おべんとう百々小膳の「日本橋大増平日限定のり弁当」を食べた。
 

 
いわゆるデパ地下のお弁当。売られているのは総じて高価なものが多いが、平日のランチタイムには限定で廉価な弁当も売っている。これも定価税込500円、「おべんとう百々小膳」というブースで売られていた「日本橋大増」という店ののり弁だ。この店名は聞いたことがないが、箸袋に「粋な江戸味、匠の技」と書いてあったので、歴史ある老舗店なのかもしれない。製造者は荒川区西尾久にある株式会社NRE大増というところ。熱量は不明。添付調味料はソースのみ。ご飯とおかずが分かれたセパレートタイプで、ご飯の上に名刺サイズの海苔がのり弁であることのアリバイのように2枚だけ載っている。おかずは半分にカットされた白身魚フライ(衣が厚く、硬くてパサ気味)、コンニャク入りきんぴら(ゴボウがシャキシャキしていて悪くない)、里芋煮(甘い)、かぼちゃ煮(大きくカットされたもので食べごたえあり)、ゴボウ煮(薄味で普通)、シイタケ煮(薄味で普通)、花の形にカットされた人参煮(薄味で普通)、コンニャク煮(玉コンニャクみたいなもの、薄味で普通)、大根の桜漬け(量がやたら多い)といった感じで、薄味の煮物が多いこともあって、のり弁というより、法事などで出てくる仕出し弁当を食べているような気分になった。ちなみに海苔の下はおかかのみだったが、それも極めて薄味で、量も少なくてさびしいもの。全体的にのり弁としては非常にものたりない内容であり、筆者のようなのり弁フリークは別にして、デパ地下でわざわざこのような「名ばかりのり弁」をチョイスする必要性がよくわからない。評価は
3点(10点満点中)。


拍手[0回]

 HOME 
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/13 メニエル]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]