忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2019'08.12.Mon
とんかつまい泉の「ごちそう海苔弁当」を食べた。



駅以外の店舗でも売っているのかは不明だが、東京駅構内の弁当売り場で崎陽軒のシウマイ弁当と並べて販売されていたので、本ブログのカテゴリーは「駅弁」としておく。定価税抜999円。熱量1043キロカロリー。製造者は井筒まい泉株式会社(東京都渋谷区)。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプで、添付調味料はとんかつソースとタルタルソースの2種。税込で1000円オーバーするのり弁だけに、おかずの内容はかなり豪華。エビフライ、豚ヒレカツ、エビクリームコロッケ、焼き鮭、味付茹で卵、サツマイモの煮つけ、切り干し大根、大根の桜漬け。ご飯のほうは、海苔+おかか、という布陣。実食してみると、揚げ物類は、さすがまい泉ブランドだけあってどれもクオリティが高く、特に豚ヒレカツは肉厚があるのにパサついていなくて、ジューシーで美味。エビクリームコロッケにはちゃんと固形のエビまで入っていた。焼き鮭と味付茹で卵も普通の弁当のレベルを超えている(おそらく素材がいいのだろう)。揚げ物とのバランスを考えているのか、サツマイモの煮つけ、切り干し大根といった和風の品を脇に添えているのも好印象。但し、こうしたおかずの豪華さに引きずられ、「のり弁」としての印象が薄かったのが、のり弁ファンとしてはやや残念であった。評価は7点(10点満点中)。


拍手[1回]

PR
2018'10.19.Fri
東北本線 郡山駅の「海苔のりべん」を食べた。

 



「マツコの知らない世界」でも紹介され、「日本一旨いのり弁」と称賛する人もいるという駅弁を東京駅構内でようやくゲット。定価税込
980円。熱量は記載なし。製造者は福島県郡山市の株式会社福豆屋(大正13年創業の駅弁屋だとか)。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプで、おかずサイドのラインナップは、焼鮭、卵焼き、きんぴら、煮物(えびいも、人参)、かまぼこ、漬け物(赤カブ漬け)の6種。ご飯サイドは、大量のおかかが敷きつめられた上に名刺サイズの海苔が2枚、中央に小さな梅干しという構成。過不足なくレイアウトされた見た目の美しさに感心しながらの実食。焼鮭は、ほどよい塩辛さと脂のノリで冷めていても硬くないのが素晴らしい。卵焼きは、かなり縦長でボリューム感のあるもの。出汁で食べさせるタイプで、甘すぎなくて美味い。きんぴらは、太目に切られたゴボウが4本。シャキシャキとした食感が楽しい。煮物は、濃いめの味付けでザ・駅弁のおかずという感じ。で、こうした個性派ぞろいのおかずの中で、かまぼこと漬け物は非常によい箸休めの役割となっている。弁当としてよく計算されている感がある。一方、ご飯サイドは、箸を深く入れてみると、なんと海苔が二段重ねになっていて驚かされた。しかも二段目の海苔の下には大量の昆布が存在していることにも驚嘆(しかもその昆布はしそ風味!)。当初のり弁に980円は高いと思ったのが、おかずのトータルバランスとクオリティの高さ、そして、手の込んだ二段ご飯のギミック性を考えると、決して高額とはいえない。というか、同じ程度の値段の幕の内弁当を買うくらいなら、こっちのほうが断然おすすめ。評価は9点(10点満点中)。今回は家に持ち帰って食べたが、いつかこれを買って鉄道の旅に出かけてみたい。


拍手[1回]

 HOME 
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/13 メニエル]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]