忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2019'11.08.Fri
ヤマザキデイリーストアの「白身フライ海苔弁当」を食べた。



同コンビニののり弁は、過去に「こだわり白身魚フライの海苔弁当」というのを食べているが、今回はその「こだわり」を捨てた商品であるらしい。なのに定価は30円も高い税込480円。熱量は799キロカロリー。製造者は株式会社サンデリカ千葉事業所(千葉県鎌ヶ谷市くぬぎ山)。おかずの一部がご飯の上に載る半セパレートタイプで、添付調味料はなし。おかずの内容は、白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、コロッケ(半分)、卵焼き、辛子明太子、大根の桜漬け、つけ合わせの具なし焼きそばと8種で、ご飯の下には、おかかと昆布のつくだ煮が目視で確認できた。実食してみると、白身魚フライはタルタルソースが実に少なく、著しくソースを欲してしまった。ちくわ天も、細かい青海苔が大量に付着してはいるものの、ほぼ無味で、これも著しく醤油を欲してしまった。コロッケも端っこにソースがちょっぴりついてはいるが(以下同様)。きんぴらは、ゴボウ、人参、レンコン、コンニャクと4つも食材が入っていて芸が細かいが、もっと量がほしかったところ。卵焼きは工場製で特にコメントなし。大根の桜漬けと焼きそばもおかずの種類を増やすためのアリバイとして入っているようなもので、これも特にコメントなし。ご飯のほうに目を転じると、海苔の下にあるおかかと昆布のつくだ煮の量が多めであることによい印象を持った。明太子もあるし、最後までご飯を安心して食べられた点は評価したい。というわけで、添付調味料がなかったのがマイナスポイントだが、全体的には可もなく不可もなくの平均的なのり弁という感じで、評価は5点(10点満点中)。


拍手[1回]

PR
2019'10.18.Fri
ローソンの「焼さばのり弁当」を食べた。



ひさかたぶりのローソンの新作のり弁。定価税込498円、熱量590キロカロリー。製造者は株式会社グルメデリカ群馬工場。ほぼすべてのおかずがご飯の上に載る一体型で、添付調味料はなし。前回の「大きな鮭のり弁当」同様、焼き魚+のり弁のパターンで攻めてきたという格好になる。おかずのラインナップは、焼さば、卵焼き、きんぴら、レンコンのたらこ和え、野沢菜漬け、梅干し。海苔の下には、おかかと昆布の2種を装備。焼さばもそうだが、梅干しが入ったのり弁は極めてめずらしい、と思いながらの実食。当然、焼さばからいってみるが、あまりのやわらかさと脂ののった美味さに感動。コンビニ食品はここまで進化しているのかと感心した。一方で卵焼きはいかにも冷凍食品的、いかにも工場製品的でこれはよろしくない。「のり弁」としての唯一の痕跡を残しているきんぴらは、ごぼうのみの骨太な一品。歯ごたえがあって悪くない。レンコンのたらこ和えも美味いが、量がもっとほしかった。野沢菜漬けと梅干しはご飯を食べ進めるうえでのいいアクセント。この2品があることで、この弁当の「和食感」を一気に高めている。ご飯のほうも、おかかと昆布が大量で、しかも品質のよいものを使っているのか、海苔も箸で切れやすい薄さなのに磯の風味が強い。最後まで心豊かに食べ進めることができた。というわけでの総合評価は8点(10点満点中)。全体的にかなりクオリティの高い弁当であるとはいえるのだが、税込で500円近いという値段の高さがマイナスポイント。そこのみに目をつぶれば、お薦めはできる。揚げ物なしで、大きさもやや小ぶりなので女子ウケしそうなのり弁だ。


拍手[1回]

2019'07.07.Sun
セブンイレブンの「おかかたっぷり!明太のり弁当」を食べた。



同店の「おかかたっぷり」シリーズがかなりひさしぶりにリニューアル。定価税込453円、熱量751カロリーと、それぞれ前回の「おかかたっぷり海苔弁当」よりも微増。製造者は株式会社武蔵野埼玉工場で変わらず。添付調味料なしも変化なし、おかずとご飯が分かれた位置にあるセパレートタイプであることも変わらない。リニューアルの内容としては、弁当名にあるように明太子が加わった点と、ヘルシー路線を中止し麦飯をやめ、普通のご飯になった点の2点が大きいといえるだろうか。おかずの布陣は、白身魚フライ、ちくわ天、コロッケ2分の1、卵焼き(原材料名には、「だし巻玉子」とあり)、焼きそば(同、「海老風味揚げ玉入り焼そば」)、昆布とコンニャクと野菜を煮たようなもの(同、「ごま入りピリ辛昆布こんにゃく人参炒め」)、大根の漬け物の7種。ご飯のほうはわりと多めの辛子明太子+海苔+おかかという構成。チンしてもなぜかほとんど加熱されなかった不思議な明太子にやや驚きながらの実食。白身魚フライはよくあるコンビニのり弁のそれで、美味くもなく不味くもない品。タルタルソースの量がもっとほしかったかもしれない。ちくわ天は、青海苔多めだが風味はそれほどでもなく醤油をかけたかった。あらかじめソースが付着しているコロッケは、チンしたらやわらかくなりすぎてマッシュポテトみたになってしまった。卵焼きは工場製品で味気ないが、たしかにほんのり出汁の味がした。焼きそばはピリ辛、昆布とコンニャクと野菜の煮物もピリ辛、大根の漬け物もピリ辛で、まあアクセントにはなっているが、ピリ辛、そんなにたくさんは必要ない。ご飯部門のほうは、明太子の量も多く、おかかの量も多い(前回の「おかかたっぷり海苔弁当」は「たっぷり」と言っておきながら、かなり少なくてがっかりした)ところを評価したく、総合的な点数は6点(10点満点中)。セブンイレブンののり弁の海苔はいつも箸で切れやすく食べやすい点も付記しておきたい。


拍手[1回]

2019'05.24.Fri
ローソンの「大きな鮭のり弁当」を食べた。



同コンビニがかなりひさしぶりに新種ののり弁をリリース(但し、以前当ブログでもとりあげた「これがのり弁当」も合わせて販売している)。定価税込550円、熱量609キロカロリー。製造者は株式会社グルメデリカ群馬工場。その名の通り、ご飯の上にビッグな焼鮭が載った一体型タイプで、添付調味料はなし。そのほかのおかずは、卵焼き、鶏の唐揚げ、きんぴら、ゴマ和え、大根の漬け物。500円オーバーと高価なのは、この巨大な焼鮭のコストによるものだろうと思いながらの実食。その焼鮭、やはりコンビニ弁当らしからぬ身の厚さとやわらかさで上質な美味さ。小骨が多いのも「本物感」があって逆にうれしい。卵焼きは単なる工場製品で感想なし。鶏の唐揚げは、生姜が非常に効いた品で美味しいが、小さすぎてものたりない。ゴマ和えは小松菜と人参入りで、極めて少量ではあるが野菜が採れるのが有難い。大根の漬け物は、なにかの間違いかと思うほどしょっぱくて閉口した。で、おかず部門はそんな感じだが、驚いたのが、ご飯部門。上から、海苔→おかか→ご飯→昆布のつくだ煮→ご飯の2層構造になっており、意外と芸が細かい。昆布も厚めに切られたもので食感がよかった。おかかの量も適量。というわけでの総合評価は、7点(10点満点中)。焼鮭のクオリティの高さとご飯のギミック性を評価したい。のり弁のわりには値段高めであることだけがマイナスポイント。


拍手[1回]

2019'01.18.Fri
NewDays(ニューデイズ)の「たっぷりタルタルソースの白身フライのり弁」を食べた。



同店は
JR東日本の駅に出店しているコンビニ。このチェーンののり弁は当ブログを始める前に何度か買ったことがある。駅弁を買うよりより安いしお手軽なので重宝していたが、今回だいぶご無沙汰での購入となった。定価税込450円。熱量790キロカロリー。フライの先端がご飯部分に侵食している半セパレートタイプで、製造者は株式会社サンデリカ埼玉事業所(埼玉県所沢市)。添付調味料は「本醸造」が謳われた醤油一袋のみだが、商品名通りに白身魚フライにはたっぷりな量のタルタルソースがかかっている。それ以外のおかずは、ちくわ天、コロッケ半分、唐揚げの揚げ物3点プラス卵焼き、そして大根の桜漬けという布陣。ご飯部門のほうは海苔が2枚に、その下におかかという構成。以前に食べていたのり弁とはずいぶん変わったなと思いながらの実食。白身魚フライは、とにかく本体よりも大量のタルタルソースにまず目がいく。卵の量が多いのか、かなり黄色味が強く、タルタルソースというよりは手作り風卵サンドの具のような感じ。白身魚フライに纏わせて食して見ると、尖っていない優しい味でフライの油っこさを中和してくれて◎。ちくわ天は、しっかりとした食感で焼き目もついていて見た目もよい品。これは○。添付の醤油をかけて食べたコロッケは、かなりやわらかくなったジャガイモと極粒のニンジンという中身で、食べごたえ感があまりなくものたりない。△。唐揚げはずいぶんと小さいもので、しかもほぼすべてが衣。これは「唐揚げが入っていますよ」というアリバイとして入れたとしか思えない。×。工場製品の卵焼きと大根の桜漬けは特に感想なし。で、トータルとしての評価は6点(10点満点中)としたい。やはり、タルタルソースのクオリティ、おかかの量の多さ、ご飯全体のボリューム感はよかったが、それ以外の要素がもう一歩の品。けれど、高価なわりにそれほどでもない内容の駅弁を買うくらいなら、こっちのほうが満足感は断然高いように思われる。


拍手[1回]

2018'10.28.Sun
ファミリーマートの「明太海苔弁当」を食べた。



過去に
2回(2種類)食べていたことのある同店の同タイトルののり弁が、またまたマイナーチェンジされて新発売ということになった。定価は税込430円で前回前々回のものより20円安い。熱量は739キロカロリーで前回のものより25カロリー少なく、前々回のものより48キロカロリー多い。製造者は戸田フーズ株式会社戸田工場で、これは前と同じ。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプであるのも前と同じ。添付調味料がないのも前回同様。大きく違っているのは、以前までの明太海苔弁当は辛子明太子が海苔の下にあったのに対し、今回、海苔の上にある点。しかもその量もかなり少ないものとなっている。おかずの内容は、白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、コロッケ、大根の桜漬けと、唐揚げもなければ焼売もなく、卵焼きすら消えたという、これまででもっとも貧相なラインナップとなっている。たった20円のディスカウントでこんなに差があるとは……とやや愁嘆しながらの実食。タルタルソースの載った白身魚フライは、身が厚くて食べごたえがあるもの。タルタルソースも酸味抑えめで美味しい。ちくわ天は青のりが少なく、上品だが手応えにかける味。ここは醤油をかけたかったところ。一方、コロッケは少しだけソースが付着していたので安心して食べられた。味は普通。きんぴらは、人参、レンコン、コンニャク入り。前回のは唐辛子の味付けでやや辛かった記憶があるが、優しめの味に変更されていた。大根の桜漬けは特に感想なし。で、ご飯部門のほうは、辛子明太子の少なさがやはり悲しく、弁当名につけるのならこれまで同様もっとボリュームがほしかった。ちなみにおかかの量も決して多くはない。というわけで、総合評価は3点(10点満点中)とし、次回の新作に期待したい。


拍手[2回]

2018'10.05.Fri
ミニストップの「ミニ海苔弁当」を食べた。



同店の新商品。ミニ海苔弁当の「ミニ」は「ミニストップ」のミニではなく、単に「小さい」の意。普通のコンビニ弁当よりも、ふたまわりくらい小型の形状となっている。定価税込
298円。熱量527キロカロリー。製造者は株式会社日本デリカフレッシュ千葉工場(千葉県稲毛区)。すべてのおかずがご飯の上に載る一体型タイプで、白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、漬け物(大根のカツオブシ漬け)のみというシンプルなメニュー構成。添付調味料もなし(フライの上に少量のタルタルソースあり)。海苔はわりと分厚いものが1枚で、海苔とご飯のあいだはおかかオンリー。ボリュームからいって、正式な一食というよりは小腹が空いたときに食べる用なのだろうと思いながらの実食。白身魚フライはわりと小ぶりなもので、中の魚部分がややパサついていて△。ちくわ天は青のりの風味がかなりガツンとくるもので、なるほど、これなら醤油は必要ない。○。きんぴらは、量、味ともに印象が薄いもの。これも△。大根の漬け物はごく普通でコメントなし。ご飯サイドの海苔の質がしっかりしていたのと海苔の下のおかかの量が多めだったのはよかったが、それ以外は特に特徴というものが感じられない美味しくもないが不味くもないのり弁で評価は5点(10点満点中)。ただし、たとえばカップラーメンと一緒に食べるなら、(全体の食がかなり豪華になるという意味で)印象はかなり変わるかもしれない。


拍手[2回]

2018'04.13.Fri
ミニストップの「白身フライ海苔おかか弁当AC」を食べた。



ミニストップには工場で生産された弁当のほかに、店内手づくりの弁当を販売している店舗がある。東京都千代田区にある神田錦町
1丁目店がそうで、行ってみるとたしかに「当店手づくり」のラベルが貼られた弁当が陳列されていた。その中から今日はこののり弁をチョイス。定価税込460円。熱量は記載なしで不明。製造者は「ミニストップ神田錦町1丁目店 株式会社ネオスト」。ご飯とおかずの位置が分かれているセパレートタイプで、添付調味料はキューピータルタルソース。おかずの布陣は、白身魚フライ、ちくわ天、鶏の唐揚げ2個、半熟味付玉子半分、大根の桜漬け。フライの下にキャベツの千切りが敷かれているのはコンビニ弁当としてはめずらしく、これは手づくりならではといえるかもしれない。こんもりと盛られたご飯の上には四角い海苔が2枚、それから、おかか。なんとなく工場でつくられたコンビニ弁当とは違うオーラを感じながらの実食。白身魚フライは、身は薄いがフィッシュ感を強めに感じるもので、まあまあの美味しさ。ちくわ天は、青海苔の量が少なめで、そのせいか薄味。ここは醤油がほしかったところ。唐揚げは、冷食っぽさがまったくないまさに“手づくりの美味しさ”。生姜もよく効いている。半熟味付玉子は、半熟加減が非常によろしい品で1個分食べたかった。というわけで、アリバイ的に入れられている大根の桜漬け以外のおかずは概ね合格圏内、ご飯部門もおかかの量が多めで最後まで不安なく食べられた。評価は8点(10点満点中)。全体のバランスを考えれば、唐揚げは1個でもいいはずなのにあえて2個入れた点にも作り手の良心を感じる。
  
  
  

拍手[0回]

2018'04.06.Fri
ローソンの「これがのり弁当」を食べた。



「これがシリーズ」として「これがハンバーグ弁当」と同時に新発売されたのり弁。定価税込
420円。熱量815キロカロリー。すべてのおかずがご飯の上に載る一体型タイプで、添付調味料は「キューピータルタルソース」と「高級割烹しょうゆ本膳(ヒゲタ醤油謹製)超特選」の2種。どういうわけだか醤油に予算を投じているのが不思議。製造者は株式会社グルメデリカ群馬工場。おかずの内容は、白身魚フライ、ちくわ天、卵焼き、きんぴらごぼうとシンプルながら、フライとちくわのデカさ(長さ)が際立っている。「これが」と大きく出たのり弁に少し期待しながらの実食。白身魚フライは、衣が薄めで身は厚い、そして柔らかいのが好印象。キューピーの酸味あるタルタルソースともよくマッチしている。弁当箱の対角線を貫かんばかりに長いちくわ天は、青海苔多めでふっくら。油っぽさもない。高級割烹しょうゆをかけてみると、さらに風味が上品な方向に上方修正された。卵焼きはありがちな感じで甘いが、甘すぎないのがポイント高し。そして、きんぴらは太めに切ったごぼうが3本。ピリ辛で歯ごたえがあり、食感が楽しい。一方、ご飯部分に箸を入れてみると、意外に容器に深さがあり、ライスのボリュームが多いことに驚かされた。海苔とご飯のあいだのおかかも少なくはなく、というかむしろ「たっぷり」と言ってもいいくらいの量で満足できる。……というわけで、評価は9点(10点満点中)。ほかの「これがシリーズ」(過去に「これがからあげ」「これが幕の内」も販売されている)もこれくらいのクオリティなのだろうか? タイミングが合えば、これがハンバーグ弁当も購入してみたい。


拍手[1回]

2018'03.09.Fri
セブンイレブンの「おかかたっぷり海苔弁当」を食べた。



油断をしていたら、同コンビニ店ののり弁が新しいものに替わっていた。定価税込
398円、熱量713キロカロリー。製造者は株式会社武蔵野埼玉工場。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプで、なにもかけられていないコロッケがあるのに、添付調味料はなし。ご飯に麦を混ぜているというのがウリのようで、もともとジャンクなのり弁にヘルシー志向を強引に採り入れたチャレンジングな一品といえるかもしれない。おかずの布陣は、タルタルソースの載った白身魚フライ、ちくわ天、コロッケ2分の1、唐揚げ、沢庵……とのり弁としてはオーソドックスなもの。たしかに麦が混ざっているご飯の上には、正方形の海苔が1枚。というわけで、初めての麦飯のり弁に期待しながらの実食。白身魚フライは大きいのはいいが、衣が厚く身が小さくてがっかりさせられるもの。タルタルソースの量もかなり足りない。ちくわ天は青海苔が多くて香ばしい。これなら醤油なしでもイケる。コロッケも衣が厚く、中身はフニャフニャでポテトサラダ状態。しかもソースなしだと非常に辛い品だった。そうかと思えば、唐揚げも衣が厚いもので、というかほぼ衣といってもいい状態でこれはだいぶいただけない。沢庵はごく普通。で、問題の麦飯だが、たとえ少量であっても麦が混ざることの付加価値は高く、米100%より味も食感も大幅アップした感じ。健康になった気がする精神的充足感も大きい。しかしながら全体の評価は低く3点(10点満点中)。麦飯はいいのだが、おかずのクオリティがダメダメなので、もう少し頑張ってほしかった。「おかかたっぷり」と謳っていながら、それほどでもなかったのもマイナスポイント。


拍手[1回]

[1] [2] [3] [4
 HOME : Next »
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/13 メニエル]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]