忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2016'01.04.Mon
アコレの「海苔弁当」を食べた。
 

 
同店は、前に食したまいばすけっとと同じイオン系のスーパーで、まいばすけっと同様、このところ都内に続々と出店している。定価税込
306円。熱量は不明。千葉県船橋市にあるイオンフードサプライ株式会社が製造したもの。おかずとご飯が分かれたセパレートタイプで、添付調味料はソースのみ。まず特筆すべきは見た目の悪さだ。全体に隙間が多く、盛りつけも雑な感じで、残飯のようにも見える。内容的には、おかかが振りかけられ名刺大の海苔が2枚載ったごはん、白身魚フライ、ちくわ天、コロッケ、鶏の唐揚げ、卵焼き、大根の桜漬け、つけ合わせの具なしスパゲティというオーソドックスなラインナップ。まずはおかずから食べてみる。白身魚フライは、衣が厚く、中に入っている身の薄い白身魚は乾燥していてまずい。コロッケはいかにも冷凍食品という以外の感想がないもの。以上2点の揚げ物に対しソースの量が絶対的に足りないのもいただけない。ちくわ天は、味がないのでやはりソースがもっとほしかった。卵焼きは工場製で砂糖の味しかないもの。で、いちばんひどかったのが鶏の唐揚げ。衣が5ミリくらいあり、中の肉の量はほんのちょっぴり。唐揚げというより質の悪いチキンナゲットを食べているようだった。続いてご飯を食べてみる。なぜか、ほんのり塩味がしたので、?と思い「原材料名」のラベルを見てみると「塩飯(国産米使用)」とあり、おにぎりでもないのにご飯に塩をまぶしてあることが判明。なぜなのだろうか。総合的には見た目どおりの非常に残念なクオリティののり弁で、評価は0点(10点満点中)。不本意ながらイオン系ののり弁でまた0が出てしまった。「おいしくてもおいしくなくても、どっちでもいい」というのが、のり弁の魅力なのだが、これほどまでにまずいのは困ってしまう。
 
 

拍手[3回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17
«  BackHOME : Next »
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[12/18 メニエル]
[12/16 Ayame]
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]