忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2017'12.02.Sat
ローソンの「のり弁当」を食べた。



コンビニのり弁の新発売ラッシュがまだ続いている。ファミマセブンイレブンミニストップに次いで、ローソンもまた新しいのり弁を発売した。定価税込
399円、熱量782キロカロリー。製造者は神奈川県にある日本クッカリー株式会社厚木工場で、当ブログでは初めて紹介する会社名となる。海苔ご飯の上にすべてのおかずが載る一体型。添付調味料はキューピーのタルタルソース。これまでのローソンの基本系ののり弁は、「白身フライのり弁当」、あるいは「白身フライ海苔弁当」という名称だったが、今回はどういうわけだか「白身フライ」がとれ、シンプルな商品名になった。おかずの内容も、白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、漬け物(沢庵)と非常にシンプル。なにか潔さのようなものを感じながら、実食。白身魚フライは、美味くもなくまずくもない極めて平均的なクォリティだが、キューピーのタルタルソースのおかげでフライのレベルが一ランクアップした感じで美味しく食べられた。ちくわ天は海苔多めで香ばしく、甘ダレ?のようなものもかかっているので全体に味が濃く、ご飯のおかずとして充分に成立している。きんぴらはごく普通の品だが、わざわざコンニャクを入れた点は評価したい。海苔とご飯のあいだには、おかかだけでなく昆布のつくだ煮も入っており、しかもそれぞれが大量。そのため余裕な気持ちで最後まで食べることができた。評価は8点(10点満点中)。ローソンののり弁はこれまであまり感心できるものがなかなかなかったが、製造者が変わればこんなに変わるのかという、いい意味で驚かされた一品であった。


拍手[1回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
久々に当たりを引けたようですね(笑
私は個人的に、コンビニ弁当のクオリティではセブンの一人勝ちのような印象がありましたが、ローソンでも取引先を選別しているようですね。
それと「のり弁」はどこでも売られている定番弁当ですから、この弁当のきんぴらの蒟蒻のような差別化がされていると、そこが光りますよね。
甘酢あんかけ桜餅: URL 2017.12/20(Wed) 08:22 Edit
コメントありがとうございます
甘酢あんかけ桜餅さん

私も以前まではローソンの弁当にいいイメージはなかったのですが、最近は、のり弁以外もレベルが少し上がっているような気がします。
あと、スィーツ関係も、ここのところ魅力的な商品が多いですよね、ローソン。
メニエル: URL 2017.12/22(Fri) 14:55 Edit
[94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84
«  BackHOME : Next »
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[12/18 メニエル]
[12/16 Ayame]
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]