忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2019'10.12.Sat
アコレの「明太のり弁当」を食べた。



“庶民の味方系”激安スーパーのアコレがほぼ2年ぶりに基本ののり弁をリニューアルした。定価税込321円、熱量637キロカロリー。おかずとご飯が分かれた位置にあるセパレートタイプで、製造者は株式会社爽健亭習志野工場。添付調味料はなし。この価格にしてはおかずの種類が多く、白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、卵焼き、コロッケ、漬け物(キュウリのキューちゃんのようなものと大根の桜漬けの2種)、つけ合わせの具なし焼きそば……と8種類も入っていた。ご飯のほうは、弁当名にも冠された辛子明太子と、海苔オンザおかか。前回ののり弁と価格は据え置きで、かなり豪華な内容に変貌していることに驚きながらの実食。白身魚フライは見た目は悪いが、意外にふっくらして悪くない。ただし、載っているタルタルソースが極めて少量なので、ソースくらいは付けてほしかった。ちくわ天は、フニャフニャが過ぎてゴムみたいな品。とても食品とは思えない。きんぴらは、ゴボウ、人参、コンニャク入りで量多め。この弁当の中では唯一手作り風な味。逆に、卵焼きは冷凍食品そのもので、カステラみたいな甘すぎる味に閉口した。コロッケも冷食だが、半分量ではなく丸々1個入っているところを評価したい。味は普通。つけ合わせの具なし焼きそばは、なにかの間違いでは?と思うほどスパイシーで、つけ合わせの役割を逸脱している。漬け物については割愛。ご飯のほうは、明太子もおかかも少なくなく、ご飯の残量を気にせず安心して食べられた点が良い。というわけでの総合評価は7点(10点満点中)。どのおかずも決して美味しくはないが、この価格にしてこれだけの要素を盛りに盛り込んだチャレンジ精神はなかなかのもの。採算ギリギリまでサービスしてやろうという製造開発者の心意気を感じる一品だ。


拍手[1回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129
«  BackHOME : Next »
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
[06/13 メニエル]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]