忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2016'10.06.Thu
ほっかほっか亭の「のりスペシャル」を食べた(ほっかほっか亭ののり弁も全部食べるよシリーズ)。



定価税込
580円。同店の基本の「のり弁当」より240円も高いが、容器自体が普通の弁当よりひとまわりくらい大きめ。熱量は不明。ご飯とおかずが分かれたセパレートタイプで、添付調味料はタルタルソースのみ。白身魚フライ、ちくわ天、少量のきんぴら、唐揚げ(かなりでかい)、ソーセージ、卵焼き、スパゲティサラダ(マヨネーズ風味)、キュウリの漬け物という布陣で、なにより海苔が大きいのが特徴。18センチ×7センチほどもある(めくってみると海苔の下は昆布のみ)。いろいろな意味で期待感を持って実食したものの、まず白身魚が揚げたてではなくかなり冷めていて残念。ちくわ天も冷たく硬くて非常にまずい。唐揚げも巨大に見えたが、ほとんどが衣で、わずかにある実の部分もパサついていていまいち。前に食べたのり唐揚弁当の唐揚げと同様にがっかりさせられた。卵焼きは工場製品製で特にコメントなし。なぜか大量のスパゲティサラダとは別に唐揚げの下にもつけ合わせの具なしスパゲティがあったが、こちらは味がいっさいないもので味気ない。ソーセージだけが唯一肉感があって美味しく感じられた。で、結論としては、かなりお腹が空いていたのに残しそうになってしまったほど、内容・味ともによろしくないものだった。評価は0点に近い1点(10点満点中)。やっぱり今回もほっかほっか亭はダメだなあという印象しかなく、ちなみに同店の「のり弁」をこれで全種類食べたことになったが、もともと3種類しかないので達成感もあまりない。


拍手[0回]

PR
2016'07.21.Thu
ほっかほっか亭の「のり唐揚げ弁当」を食べた(ほっかほっか亭ののり弁も全部食べるよシリーズ)。



定価税込
400円。熱量は不明。通常ののり弁当(340円)に唐揚げが1個載っただけのもの。つまり、唐揚げひとつが60円ということになる。しかし、その価格に値しないと思われる唐揚げの小ささには思わずガッカリさせられた。ほかのおかずは前と同様(タルタルソース付きなのも同様)なのでレビューは省略するとして、その唐揚げも妙にパサついておりジューシーさとはほど遠く感心できない。この内容で400円出すなら、ほかにシャケ弁当、おろし天丼、とりめし(以上すべて430円)など400円台前半の弁当を買ったほうが満足感はきっと高い。評価は2点(10点満点中)。ほっともっとに比べると、ほっかほっかはやはりなんというかぱっとしない感がぬぐえない気がものすごくする。


拍手[1回]

2016'07.08.Fri
ほっともっと亭の「のり牛」を食べた(ほっともっと亭ののり弁を全部食べるよシリーズ)。



定価税込
390円。熱量830キロカロリー。ほっともっと亭のオリジナル作品と思われるこののり弁は、海苔の上に白身魚フライと焼いた牛肉が載っており、逆にいえば、普通ののり弁からちくわ天ときんぴらを抜き、焼いた牛肉を載せたというもの。添付調味料はソースと一味唐辛子マヨ。のり弁ではじめてお目にかかるこの一味唐辛子マヨは、店頭のメニュー写真を見たところによれば牛焼肉にかけて使用するものらしい。実食してみると、焼肉の濃厚な味にまず驚かされる。ニンニクが効いており、かなりしょっぱい。一味唐辛子マヨをかけてみたら、ますます過剰な味になった。どう考えてもこれは不要だと思う。全部かけて失敗したと深く落胆しながら次に白身魚フライを食べてみると、いつもの味に思わずほっとさせられる。まさか白身魚フライが箸休めになるとは思わなかった。海苔とご飯のあいだにはなにも挟まれておらず、それがいつもならがっかりするところだが、とにかく焼肉の味が濃いので、そこはさっぱり食べられてよかった。しかしこれだけニンニク味というのは食後の口臭にも支障をきたすだろうから、ちゃんと事前にアナウンスをしておくべきだと思う。あと、一味唐辛子マヨはどう考えてもいらないので、これをカットして30円ほど安くしてほしかった。というわけで評価は3点(10点満点中)。ただし食べごたえ感はとてもあるので、のり弁を食べたいがスタミナもつけたい、という人にはお薦めかもしれない。


拍手[0回]

2016'07.05.Tue

ほっともっと亭の「博多辛子明太子のり弁」を食べた(ほっともっと亭ののり弁を全部食べるよシリーズ)。



定価は普通ののり弁プラス
40円の税込390円。熱量は748キロカロリー(通常ののり弁より67カロリー多め)。海苔の上にあるのは、白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、大根の漬け物。……当たり前だが、前々回の「のり弁当」前回の「ツナマヨネーズのり弁」とルックスはまったく同じ。添付調味料もソースのみ。というわけでおかず類の感想は省略。海苔をめくってみると、弁当名に偽りなく海苔とご飯のあいだにはたしかに辛子明太子が、かなりの量挟まれている。実食。やはり辛子明太子の存在感があまりにも大きく、それが大好きというほどではない筆者としては、あまりよい効果をもたらしているとは思えなかった。おかずともあまり合わない。だいたい、明太子の味は単調でアクセントとして少量あるだけならいいが、やはりここまでメインだと「飽きる」。ツナマヨのときは全然そうは思わなかったのになぜだろう?と疑問を抱きつつ、評価は5点(10点満点中)。付け加えれば、その明太子、いかにもなレトルト品の味で(それは別にいいのだが)、商品名に記された「博多」感は微塵も感じられないものであった。


拍手[0回]

2016'07.01.Fri
ほっともっと亭の「ツナマヨネーズのり弁」を食べた(ほっともっと亭ののり弁を全部食べるよシリーズ)。



定価は普通ののり弁より
40円高い税込390円。熱量も748キロカロリーと67キロカロリー多い。揚げ置きがなかったのか、56分待たされて提供された本品は、全面に敷かれた海苔の上に白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、大根の漬け物が普通に載っており、見た目は前に買ったのり弁とまったく変わらない。添付調味料もソースのみと同様。で、実食。おかず類は前に食べた感想と同じなので割愛するとして(いや、あえて言うとちくわ天が前回以上に衣が厚くて食べづらかった)、海苔とご飯のあいだに挟まれたツナマヨネーズのあまりの存在感に度肝を抜かれた。これまでいろいろなのり弁を食べてきたが、単純だがこれは相当なインパクトがある。なにに似ているかといえば、当然のことながらこれはコンビニの「ツナマヨおにぎり」である。すなわち具の多いおにぎりを延々と食べているような感じで、はっきり言っておかずとはまったく合わないものの、ツナマヨおにぎり好きの筆者としては、この圧倒的なジャンク感には圧倒された。のり弁の可能性としてこの手があったかと素直に心を打たれる。そのツナマヨがケチくさくなくかなり広範囲にわたって海苔の下にあったのもすばらしく、評価は満点に近い10点に近い9点を与えたい。ツナおにぎり好きなら絶対にお薦め。

拍手[0回]

2016'06.10.Fri
というわけで、ほっともっと亭の「のり弁」を食べた。



同店は先日食べたほっかほっか亭から、独立というか離脱したお持ち帰り弁当チェーンで、過去には両社間でいろいろと確執もあったらしい。以前会社の近くにあったので何度かのり弁を購入した記憶があるが、今回ひさしぶりに利用。で、店頭のメニューを改めて見てみたら、のり弁だけで
13種類ものバリエーションがあることに驚かされた(2016年6月現在)。「ツナマヨネーズのり弁」「のり牛」なんていう変わり種もある。全制覇したい気持ちに駆られつつ、まずは一番基本ののり弁を購入。定価税込350円。熱量は681キロカロリー。見た目は、ほっかほっか亭のそれとほぼ同様の一体型で、全面に敷きつめられた海苔の上におかず(白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、大根の漬け物)が載るというスタイル。添付調味料はソースのみで、タルタルソースがほしい人は20円増しの「のりタルタル弁当」(370円)を買うべしということになっているらしい。実食してみると、白身魚フライは、揚げたてだったのかホカホカホクホクしていてとても美味い。大きさもほっかほっか亭より少し大きめ。ちくわ天は、結構堅い食感で悪く言えばゴムみたい、良く言えば食べごたえがある。海苔の下にあるのはおかかのみだったが、それがほぼ海苔の下すべてに敷きつめられているところはよかった。総じて10円高いものの、ほっかほっか亭よりも満足感は高かった(個人的にはほっかほっか亭のほうを応援したいのだが)。評価は7点(10点満点中)。

拍手[0回]

2016'06.04.Sat
ほっかほっか亭の「のり弁当」を食べた。



今年で創業
40周年、言わずと知れた持ち帰り弁当チェーンの超老舗だが、これまで行ける範囲に店舗がないこともあって利用すること機会がほとんどなかった。というわけで、基本ののり弁を買うのは今回が初めて。定価税込340円。熱量は不明。昼時でつくりおきだったせいか、注文してからの待ち時間は0分、速攻で出てきた。平べったい長方形の容器に入った一体型タイプで、全面に敷かれた海苔の上に、のり弁三種の神器である白身魚フライ、ちくわ天、きんぴらが載るというシンプルな基本構成。そのほかのおかずはキューリのキューちゃんのような漬け物オンリー。添付調味料はタルタルソースだけだが、醤油に変更も可能とのこと。ちなみに、店頭のサンプル写真では海苔が容器からはみ出していたが、実際には海苔はきちんと容器内におさまっていたのでちょっと残念。でも、ほかののり弁に比べれば海苔の面積は広いほうだと思う。と、なんだかんだ言いながら実食。白身魚フライは小さいものだが、厚みがあり、味もさすがに及第点。ほっこりとした食感で、タルタルソースとの相性もよかった。ちくわ天は、青海苔がまったくかかっておらず、ほのかに出汁の味がするものの、ほぼ無味。できれば醤油をかけたかった。きんぴらは普通、でも量がほんのちょっぴりなのが寂しい。海苔とご飯のあいだには多めのおかかと昆布が挟まっており、そのこと自体は評価したいが、全体的には可もなく不可少しありといった感じののり弁で、老舗ならではの風格は特に感じられなかった。評価は5点(10点満点中)。今度は同店ののり弁も食べてみよう。


拍手[0回]

2015'11.07.Sat

オリジン弁当の「タルタルのり弁」を食べた。
 

 
首都圏ならどこにでもある弁当チェーン。このタルタルのり弁(定価税込
320円)と、卵焼きと鶏の唐揚げが追加されたタルタル特のり弁当(定価税込399円)の2種類ののり弁がある。以前はタルタルソースのついていない、200円台後半のシンプルなのり弁も存在したような気がするが、廃止されたらしい(それほどタルタルソースの需要が高かったのだろうか?)。横長の一体型タイプで、熱量は784キロカロリー。添付調味料はタルタルソースのほかに醤油が一袋。今回ひさびさに買ってみて、容器と見栄えが前とずいぶん違う印象であることに気がついた。前はもっと角が丸い発砲スチロールの容器で、白身魚フライとちくわ天のほかに昆布のつくだ煮が端に添えてあったような気がするのだが……。という釈然としない気持ちのまま実食。長めのちくわ天は青海苔が少なめで淡泊な味。白身魚フライは味も大きさも普通だが、タルタルソースの量がたっぷりなので食べごたえ感はある。海苔の下にある昆布のつくだ煮はめかぶみたいな食感のもので、うす味で少量。できればおかかも入れてほしかった。ご飯は見た目以上にたくさんつめられていたものの、おかずが白身魚フライとちくわ天だけだったので、やや「もてあまし感」があった。「特」ほどでなくていいから、もう一品くらいなにかおかずか、せめて漬物がほしかったと思う。タルタルソースの付加価値は認めるが、この内容だったら200円台が妥当なのでは?という感じの感想。評価は4点(10点満点中)。


拍手[0回]

2015'07.27.Mon

若菜の「のり弁当」を食べた。
  

 

同店は西友系列の持ち帰りお弁当チェーン。最寄り駅の近くにある店が明日で閉店するということがわかり慌てて購入しに行った。海苔の上に載るものがキャベツメンチか野菜コロッケかを選べる「のり弁当」と、白身魚フライが載る「のりタルタル弁当」の2種類ののり弁があり、前者は定価税込270円、後者は定価税込280円。本当は後者が食べたかったのだが、このブログのためにあえて基本形である「のり弁当」のほうをチョイスした。ただし、キャベツメンチは売り切れとのことで、載せ物は強制的に野菜コロッケということになってしまった。カロリーは不明。ちなみに閉店前日だからか、そのほかの弁当もほとんど売り切れ状態となっていた。弁当の内容は、野菜コロッケ、唐揚げ1個、きんぴら、大根の桜漬けのみという極めてシンプルな構成で、海苔の下も意外性まったくなしのおかかと昆布のつくだ煮。調味料は容量少なめのソースのみ。本位ではなかった野菜コロッケは、グリーンピースやコーンなども入り、ホクホクしていて、期待値が低かったせいかまあまあの美味しさ(でもコロッケ自体大きめなのでもっとソースがほしい)。唐揚げ、きんぴらは普通。全体的に270円ならこんなものかなという感想しかないが、コロッケを注文を受けてから揚げていた点を評価して5点(10点満点中)。このように毎度揚げたてであるのなら閉店前に白身魚フライのほうもぜひ試してみたかった。


拍手[0回]

2015'06.21.Sun

お弁当のまごころの「のり弁当」を食べた。
  

  

 自宅から徒歩圏内にある弁当店だが、これまで一度も利用したことがなく、てっきり個人経営店と思っていた。しかし今日よく見たら、看板の片隅に145号店とあったからチェーン店であるらしい(家に帰ってからネットで調べてみたがそのチェーンに関する情報はいっさい出てこなかった)。年配の女性(レジ)と年配の男性(調理担当)という人員構成なので、夫婦で経営している店のようだ。買ったのは、のり弁当370円(税込)。カロリーは不明。注文を受けてから男性がフライヤーにフライを投入したのでおっと思う。ランチタイムであるにもかかわらず作り置きはしない方針のお店のようだ。結果として相当待たされたが、揚げたてのフライが食べられるのかーと期待感を高めつつ帰宅。そして実食。容器は発砲スチロールのフタと弁当箱部分がくっついている、今では少数派となったもの。ご飯の上におかずが載る一体型タイプで、全面に敷きつめられた海苔オンザご飯の上に白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、大根の桜漬けが置かれた典型的なオールドスタイル。ちくわ天は小さめ、白身魚フライもやや細身だが、きんぴらと大根の桜漬けが多めなのがうれしい。海苔の下はこれも定番のおかかと昆布のつくだ煮。これも量がやや多め。調味料は醤油のみだが、同行者が買った鮭のり弁当(フライの替わりに焼き鮭が載っている以外はのり弁と同じもの)には、添付されていなかったので、これはフライのみにかけるものと解釈し、あえてちくわ天には使用しなかった(そのちくわ天、だからなのか、ほんのり甘い味つけがついていた)。で、やはり白身魚フライがとても美味かった。普段のり弁において、まずいとも思わないがとりたててすごく美味いと思ったことのない白身魚フライだが、揚げたてはこんなに柔らかでジューシーなのかと大げさではなく舌を巻いた。きんぴら、大根の桜漬け、おかか、昆布のつくだ煮の量が多めなのも功を奏しており、後半はそれらのものがご飯ととともに容器の中でカオス状態となっていくのも非常によかった。やはりのり弁はセパレートタイプでないほうが美味い。そんな当たり前のことにも気づかせてくれたということで、フライのクオリティとも合わせて高評価の8点(10点満点中)を与えたい。また食べたい。
  
  

拍手[1回]

[1] [2] [3
«  BackHOME 
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[12/18 メニエル]
[12/16 Ayame]
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]