忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2020'02.15.Sat
ファミリーマートの「明太海苔弁当」を食べた。



同店の弁当売り場を覗いてみたら、のり弁当に「今だけ唐揚1個追加!」のシールが貼ってあったので購入。ファミマのこのタイトルののり弁はすでにバージョン違いのものを3回このブログで取り上げているが、これは前に紹介した「明太海苔弁当」に唐揚げがプラスされたという位置付けであるらしい。なので、ここでは別内容ののり弁という扱いにさせていただく。定価税込430円、熱量は、唐揚げ1個が増えた分、739キロカロリーから783キロカロリーに微増。おかずの一部がご飯の上に載る半セパレートタイプで、添付調味料はなし。製造者は戸田フーズ株式会社戸田工場。おかずの内容は、前述の通り、唐揚げ以外は前のものと同様……かと思ったら、なんと前になかった卵焼きが入っている。気づかないあいだにマーナーチェンジされていたのだろうか。それ以外のおかずは、タルタルソースが付着した白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、ソースが付着したコロッケ半分、大根の桜漬け。ご飯のほうは、面積の大きい海苔の下におかか、上には辛子明太子。ちなみに、この弁当の隣に陳列されていた唐揚弁当にも「今だけ唐揚1個追加!」のシールが貼ってあった。鶏肉の過剰な余剰在庫が発生したのだろうか……とそう邪推しながらの実食。白身魚フライは、いかにも工場で整形されたような形のものだが、意外と食感がふっくらとしていてまあまあ。タルタルソースはもっと量がほしかった。ちくわ天は、前回は青海苔が少なかった記憶があるが、今回は割と多めにかかっていて香ばしいものに変わっている。きんぴらは、ゴボウ、コンニャク、人参の3種入りは評価できるが、量がほんのちょっぴりで、のり弁であることのアリバイとして入っている感じ。コロッケは、大きさもそうだが、まったくの具なしが寂しい。卵焼きは、甘いでもなくしょっぱいでもなく、なにか変な味がするのが特徴的。美味しいかどうかと問われれば「美味しくない」。一方、大根の桜漬けはやたら塩辛かった。で、特別に追加された唐揚げは、たまたまだったのか、かなり小ぶりなうえに衣が厚く、ずいぶんとがっかりな品だった。これならば「今だけ」のバリューはまったく感じられない。一方、ご飯のほうは、おかかの量は少なかいものの、sどうしたわけか海苔の品質が非常によく、磯の風味を存分に感じられるほどだった。これに関しては前の「明太海苔弁当」よりも好印象。というわけでの総合評価は4点(10点満点中)。唐揚げが追加されているから購入したのに、その唐揚げにがっかりさせられるとは……。策に溺れた感のあるのり弁だった。


拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137
«  BackHOME : Next »
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[12/18 メニエル]
[12/16 Ayame]
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]