忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2020'06.12.Fri
というわけで、先週に引き続き、ほっともっとの新商品、「新・BIGのり海苔弁当」を食べた。



定価税込550円、熱量1146キロカロリー。ご飯と「焼きスパ」のスペースが中央で左右に分かれているというのり弁としては変わったレイアウトになっている。製造者は有限会社シオン。選べる添付調味料は、今回はプレミアムソースを選択。それとなぜかマヨネーズも添付されていた。ご飯パートのおかずは、白身魚フライ、ちくわ天、きんぴら、大根の漬け物……と基本ののり弁当とまったく同じ。「焼きスパ」パートは、目玉焼きとソーセージ。なんとも言えぬ異様な見た目にやや動揺しながらの実食。ご飯パートのほうは、前回の「チーズおかか弁当」と同内容なので割愛。ただし、海苔の下は、昆布のつくだ煮のみで、おかかはいっさい入っていなかった。こういう微妙な差をつけている理由はなんなのだろうか。一方、「焼きスパ」パートのほうのおかずその1の目玉焼きは、黄身の焼き加減が少し半熟っぽい感じの仕上がりで、味的には満足できるもの。その2のソーセージもしっかりとした粗挽きで美味しい。そして、注目の「焼きスパ」であるが、確かに麺がやや太めなので焼きそばというよりは、スパゲティ。しかしながら麺の歯ごたえも含め、美味いか美味くないかで言ったら「美味くない」。極めて単調な味。しかもそれが超大量にあるものだから、完食するのにかなり往生した。炭水化物(ご飯)と炭水化物(焼きスパ)の組み合わせは「BIG」と名づけたいがための策であり、とにかくボリューム感を前面に出したかったのだろうが、その方向性が間違っていると言わざるを得ない。それから、添付調味料について触れておくと、今回のプレミアムソースは「15種類のスパイスと赤ワインをブレンドした芳醇な味わい」という触れ込みであるが、そうドヤ顔でアピールされるほどの芳醇さは感じず、普通の中濃ソースの域を出ないものだった。どちらか選ぶのであれば「だし醤油」のほうを強くお薦めしたい。それから、マヨネーズはどこに使うのかがわからず、とりあえず目玉焼きに使用したが、結果、焼きスパとも混ざることで焼きスパがマヨビームをかけたあとの一平ちゃんの焼きそばみたいな味になってしまったことを付記しておく。評価は1点(10点満点中)。値段も高いし、ほっともっとにしてはめずらしい大失敗作といえるだろう。



拍手[1回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[150] [149] [148] [147] [146] [145
 HOME : Next »
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[12/18 メニエル]
[12/16 Ayame]
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]