忍者ブログ

のり弁食べたら書くブログ

吉田戦車さんにもぜひ読んでほしい、のり弁の食レポに特化した世界で唯一のブログです

2018'05.18.Fri
成城石井の「鮭のり弁当」を食べた。



明治屋、ナチュラルローソンなどのいわゆる高級を売りにしたスーパーやコンビニは、筆者の知るかぎり、これまでのり弁を販売することがなかった。が、このたびついに禁を破り、成城石井が販売を解禁した。定価は強気の税込
540円。熱量560キロカロリー。添付調味料はなしで、製造者は株式会社爽健亭横浜工場……ん? この会社名には見覚えがある。調べてみたらなんとアコレののり弁(「のり弁当 AC」「のり弁当」)をつくっている会社と同じ! まさか高級スーパーと低級スーパーののり弁(もしかしたらほかの弁当もそうかも)が同じところで製造されていたとは……。これは例えてみると高級割烹と学食の料理長が掛け持ちをしているようなもの。当ブログにおけるアコレののり弁の評価は総じて低かったから、食べる前からなんだかだまされたような気持ちになってしまった。おかずの内容は、弁当名にも入っている焼鮭、ちくわ天、きんぴら、シシトウの煮つけ、卵焼き、キュウリの柴漬け。卵焼きと柴漬け以外のおかずはすべてご飯の上に載っているから、これは半一体型として分類したい(さらに海苔と昆布のつくだ煮とおかかがご飯の上にオンしている)。実食してのおかずの感想は以下のとおり。焼鮭(塩味薄めでご飯のおかずとしては心もとない)。ちくわ天(青海苔の風味が弱すぎて味がしない。醤油がほしかった)。きんぴら(ゴボウが太く切られているのが面白い。が、やはり味にインパクトがない)。卵焼き(なにかの間違いではと思うほど甘い)。シシトウの煮つけ(ただ茹でただけ?と思えるほど薄味)。というわけで、全体に薄味なのは「高級感」を狙ったからかもしれないが、それがちょっと裏目に出ている。だからぼんやりとした食後感しかないのが非常に残念で、値段を考えてもとうてい人に勧められるレベルのものではない。昆布のつくだ煮とおかかがまずまずの量あったことのみを評して、評価は1点(10点満点中)。明治屋をよく利用する比較的高所得者の方々が、これがアコレと同じ会社でつくられていることを知ったらどう思うのだろうか?


拍手[2回]

PR
2018'05.04.Fri
ヨークマートの「白身魚フライと鶏竜田揚明太子のり弁当」を食べた。



同スーパーののり弁は過去に
2種類食べている(「明太子鶏竜田揚のり弁」「天然紅鮭のり弁当」)が、未食ののり弁が20%引きで売られていたので買ってみた。定価税込429円、製造者は株式会社ヨークマート練馬平和台店。熱量は記載なし。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプで、添付調味料はブルドック中濃ソースのみ。前のふたつののり弁はともに白身魚フライが入っていなかったが、今回のものはそれがメインのおかずとして鎮座しており、そのほかのおかずは、鶏竜田揚げ、卵焼き、きんぴら、つけ合わせの具なしスパゲティ&レタス、大根の桜漬け。ご飯の上には海苔と明太子。明太子入り、しかも量が多めなので、レンジでチンせずに実食。白身魚フライは、冷食っぽい味で少しパサついている。温めたら美味しかったかもしれない。鶏竜田揚げはそれほど大きくないもので、弁当名に冠するくらいなら前の「明太子鶏竜田揚のり弁」くらいにもっとボリューム感がほしかった(味は普通)。玉子焼きは、甘さひかえめで食べやすいもの。きんぴらは、具材がかなり細く切られていてゴマも入っているなど意外と芸が細かい品。スパゲティは具なしに見えたが、5ミリ四方くらいのベーコンがわずかに1個混入していた(非常に小さなうれしいサプライズ)。一方のご飯部門は、明太子がたっぷりなので最後まで安心して食べられる点は評価できるが、なにぶん冷やご飯なのがとても寂しい。毎度思うことだが、明太子入りの弁当を温かい状態で食べる方法というのはこの世にないのだろうか。評価は5点(10点満点中)。


拍手[3回]

2018'04.13.Fri
ミニストップの「白身フライ海苔おかか弁当AC」を食べた。



ミニストップには工場で生産された弁当のほかに、店内手づくりの弁当を販売している店舗がある。東京都千代田区にある神田錦町
1丁目店がそうで、行ってみるとたしかに「当店手づくり」のラベルが貼られた弁当が陳列されていた。その中から今日はこののり弁をチョイス。定価税込460円。熱量は記載なしで不明。製造者は「ミニストップ神田錦町1丁目店 株式会社ネオスト」。ご飯とおかずの位置が分かれているセパレートタイプで、添付調味料はキューピータルタルソース。おかずの布陣は、白身魚フライ、ちくわ天、鶏の唐揚げ2個、半熟味付玉子半分、大根の桜漬け。フライの下にキャベツの千切りが敷かれているのはコンビニ弁当としてはめずらしく、これは手づくりならではといえるかもしれない。こんもりと盛られたご飯の上には四角い海苔が2枚、それから、おかか。なんとなく工場でつくられたコンビニ弁当とは違うオーラを感じながらの実食。白身魚フライは、身は薄いがフィッシュ感を強めに感じるもので、まあまあの美味しさ。ちくわ天は、青海苔の量が少なめで、そのせいか薄味。ここは醤油がほしかったところ。唐揚げは、冷食っぽさがまったくないまさに“手づくりの美味しさ”。生姜もよく効いている。半熟味付玉子は、半熟加減が非常によろしい品で1個分食べたかった。というわけで、アリバイ的に入れられている大根の桜漬け以外のおかずは概ね合格圏内、ご飯部門もおかかの量が多めで最後まで不安なく食べられた。評価は8点(10点満点中)。全体のバランスを考えれば、唐揚げは1個でもいいはずなのにあえて2個入れた点にも作り手の良心を感じる。
  
  
  

拍手[0回]

2018'04.06.Fri
ローソンの「これがのり弁当」を食べた。



「これがシリーズ」として「これがハンバーグ弁当」と同時に新発売されたのり弁。定価税込
420円。熱量815キロカロリー。すべてのおかずがご飯の上に載る一体型タイプで、添付調味料は「キューピータルタルソース」と「高級割烹しょうゆ本膳(ヒゲタ醤油謹製)超特選」の2種。どういうわけだか醤油に予算を投じているのが不思議。製造者は株式会社グルメデリカ群馬工場。おかずの内容は、白身魚フライ、ちくわ天、卵焼き、きんぴらごぼうとシンプルながら、フライとちくわのデカさ(長さ)が際立っている。「これが」と大きく出たのり弁に少し期待しながらの実食。白身魚フライは、衣が薄めで身は厚い、そして柔らかいのが好印象。キューピーの酸味あるタルタルソースともよくマッチしている。弁当箱の対角線を貫かんばかりに長いちくわ天は、青海苔多めでふっくら。油っぽさもない。高級割烹しょうゆをかけてみると、さらに風味が上品な方向に上方修正された。卵焼きはありがちな感じで甘いが、甘すぎないのがポイント高し。そして、きんぴらは太めに切ったごぼうが3本。ピリ辛で歯ごたえがあり、食感が楽しい。一方、ご飯部分に箸を入れてみると、意外に容器に深さがあり、ライスのボリュームが多いことに驚かされた。海苔とご飯のあいだのおかかも少なくはなく、というかむしろ「たっぷり」と言ってもいいくらいの量で満足できる。……というわけで、評価は9点(10点満点中)。ほかの「これがシリーズ」(過去に「これがからあげ」「これが幕の内」も販売されている)もこれくらいのクオリティなのだろうか? タイミングが合えば、これがハンバーグ弁当も購入してみたい。


拍手[1回]

2018'03.16.Fri
キッチンオリジンの「のりコロから弁当」を食べた。



早口言葉みたいなネーミングののり弁が同店から新発売。さっそく買ってみた。定価税込
390円。熱量は不明。製造者はオリジン東秀平和台店。ごはん部門とおかず部門が分かれた位置にあるセパレートタイプで、添付調味料は中濃ソース一袋のみ。おかずの種類は多くなく、巨大なコロッケ、唐揚げ1個、きんぴら、卵焼きという布陣。で、実食してみると、コロッケは、かなりしっかりした食感で食べごたえがあるもの。そして、見た目どおりにソースが足りないくらいのボリュームがある。唐揚げは、唐揚げ弁当からの流用と思われるが、濃い味つけで安定の美味しさ。きんぴらは、シャキシャキした食感がめずらしい品で、ずいぶんと薄味。だが、揚げ物が中心なので箸休めにはちょうどいい感じ。卵焼きはいかにも工場でつくられたものではあるが、味は意外と優しめ。一方、ご飯サイドに目を転じれば、おかかの量が多いのが特徴的で、この点はプラスに評価したい。が、総合的な評価は低めの4点(10点満点中)。やはり白身魚フライではなく、コロッケが主役というのが、なんとも華がないというか意気が上がらないというか、地味な印象が拭いきれない。その地味な印象を唐揚げ1個では挽回できなかった感がある。次の新商品に期待したい。


拍手[2回]

2018'03.09.Fri
セブンイレブンの「おかかたっぷり海苔弁当」を食べた。



油断をしていたら、同コンビニ店ののり弁が新しいものに替わっていた。定価税込
398円、熱量713キロカロリー。製造者は株式会社武蔵野埼玉工場。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプで、なにもかけられていないコロッケがあるのに、添付調味料はなし。ご飯に麦を混ぜているというのがウリのようで、もともとジャンクなのり弁にヘルシー志向を強引に採り入れたチャレンジングな一品といえるかもしれない。おかずの布陣は、タルタルソースの載った白身魚フライ、ちくわ天、コロッケ2分の1、唐揚げ、沢庵……とのり弁としてはオーソドックスなもの。たしかに麦が混ざっているご飯の上には、正方形の海苔が1枚。というわけで、初めての麦飯のり弁に期待しながらの実食。白身魚フライは大きいのはいいが、衣が厚く身が小さくてがっかりさせられるもの。タルタルソースの量もかなり足りない。ちくわ天は青海苔が多くて香ばしい。これなら醤油なしでもイケる。コロッケも衣が厚く、中身はフニャフニャでポテトサラダ状態。しかもソースなしだと非常に辛い品だった。そうかと思えば、唐揚げも衣が厚いもので、というかほぼ衣といってもいい状態でこれはだいぶいただけない。沢庵はごく普通。で、問題の麦飯だが、たとえ少量であっても麦が混ざることの付加価値は高く、米100%より味も食感も大幅アップした感じ。健康になった気がする精神的充足感も大きい。しかしながら全体の評価は低く3点(10点満点中)。麦飯はいいのだが、おかずのクオリティがダメダメなので、もう少し頑張ってほしかった。「おかかたっぷり」と謳っていながら、それほどでもなかったのもマイナスポイント。


拍手[1回]

2018'02.26.Mon
ほっともっとの「BIGのり弁(コロッケ)」を食べた。



これまでに販売終了となってしまったものも含め、同店の
7種類ののり弁を食してきたが、いよいよこれが最後の品となる。定価税込490円、熱量は1122キロカロリー。1000超えで驚かされたBIGのり弁(白身フライ)よりさらに45キロカロリーも多い。製造者は有限会社シオン。BIGのり弁(白身フライ)と同じ一体型(海苔ご飯の上にすべてのおかずが載る)で、構成群も、コロッケ、ちくわ天、鶏の唐揚げ、ベーコン、目玉焼きとBIGのり弁(白身フライ)の白身魚フライがコロッケに替わっただけという品。添付調味料が過剰に3種類(ソース、マヨネーズ、減塩醤油)もあるのも同じ。そのため、コロッケ以外の感想は割愛。で、そのコロッケは、実食してみると妙にベチョベチョ、フニャフニャしていて、食感がずいぶんと頼りない感じ(揚げてからかなり時間が経ったものなのだろうか)。メインのおかずとしてもってきたにしては決して美味しいとはいえない。それから前のBIGのり弁(白身フライ)で浮上した「マヨネーズいらない問題」は、今回もまったく同様で、まさかコロッケにかけるわけにもいかないので、今回は使用を断念した。コロッケがいまいちだったのが最大のウィークポイントとなった結果、評価は低く4点(10点満点中)。これで、ほっともっとの全のり弁を制覇したことになるが、特に感慨深さは皆無。将来、新商品ののり弁が出たら、またとりあげたいと思う。


拍手[2回]

2018'02.02.Fri
全日食チェーン(フレッシュマルショウ)の「お手軽のり弁当LT2」を食べた。

 

全日食チェーンののり弁は以前に一度食したが、あの店(赤塚店)は直営店?で、名前が違う今度のこの店(フレッシュマルショウ)は加盟店?というような位置づけであるらしい。定価税抜
298円だが、賞味期限間近で20%割引されて237円(税込257円)。熱量は763キロカロリー。新潟米100%を謳っているだけあって、製造者は新潟県村上市にあるという、まるこう食品株式会社。ご飯とおかずが分かれた位置にあるセパレートタイプで、なんと揚げ物があるのに添付調味料が存在せず。過去のローソン以来の暴挙に出たのり弁だ。おかずの構成群は、コロッケ2分の1、唐揚げ、ウィンナー、卵焼き、つけ合わせの焼きそば、大根の桜漬け。ご飯の上には三角の海苔と辛子明太子がひとさじ載っている。値段相応のしょぼいルックスだが、「新潟米100%」にやや期待しての実食。自宅で食べたため、なんとかソースつきにすることができたコロッケは、フニャフニャしすぎて離乳食みたいな品。唐揚げは、衣が分厚く片栗粉の味を強く感じる。ウィンナーは赤い魚肉タイプ。美味くもまずくもない。卵焼きは不自然なほど真っ黄色で、見た目食べ物とは思えない。味はものすごーく甘かった。製造から時間が経っていたせいか、自慢?の新潟米もそれほど美味しいとは思えず、海苔の下におかかが存在していたことが唯一の救いだったとしても、前向きに褒めたいと思う部分が皆無ののり弁で、添付調味料がなかったことも含めての評価は0点(10点満点中)。店内の張り紙を見たら、この商品以外に曜日限定ののり弁もあるらしい。今度はそっちを買ってみよう。


拍手[0回]

2018'01.26.Fri
キッチンオリジンの「タルタルのり明太弁当」を食べた。



昨年の
9月に同弁当店の「新タルタルのり弁当」というのを食べたわけだが、この商品はそれに辛子明太子がプラスされたもの、という位置づけであるらしい。定価税込340円、熱量は記載なしのため不明。製造者はオリジン東秀株式会社平和台店。「新タルタルのり弁当」との価格差は20円で、つまり辛子明太子代が20円ということになる。内容的にも明太子以外、同弁当とまったく同じ。すべてのおかずがご飯の上に載る完全一体型。海苔ご飯の表面に白身魚フライが2枚、細長いちくわ天が1本、そして、きんぴらというラインナップ。添付調味料もオリジンオリジナルのタルタルソースと醤油の2種で、これも同様。辛子明太子はおかずをどけないと見えない仕様になっているが、おかずをめくってみると、ご飯の中央部分、縦に長く付着しており量はわりと多め。ただし、前、海苔の下にあったおかかが今回は省略されているようだ。ということは、辛子明太子代は30円くらいだろうかと思いながらの実食。白身魚フライとちくわ天ときんぴらは前回同様のため感想は割愛。ご飯に関しては、辛子明太子があると非常に箸が進むが、単調といえば単調になるので、ここはやはりおかかもほしかったと詮なき食後感を抱いて完食。評価は4点(10点満点中)。


拍手[4回]

2018'01.16.Tue
米丸弁当(ニコ丸弁当)の「のり弁当」を食べた。



「サラリーマンの味方
!! テレビでも話題となった超コスパ弁当!!」の幟が店頭にはためく神田小川町にある弁当専門店。看板には大きく「米丸弁当」とあるが、ガラス窓に貼られたアルバイト募集の紙には「ニコ丸弁当」とある。?と思ってあとでネットで調べてみたら、両方とも千葉県浦安市にあるスーパー、木田屋商店(天明元年(1781年)創業とか)が経営する弁当店であるらしい。小舟町、茅場町、八丁堀などにも店舗があるようだ。売られている弁当はオール税込270円と安く、エビフライ弁当、酢豚弁当、チキン南蛮弁当など選択肢も豊富。製造者も当然、株式会社木田屋商店で、熱量は記載なし。ご飯とおかずの位置が分かれているセパレートタイプで、添付調味料は醤油と中濃ソースの2種。270円ではあるが、おかずの種類は少ないとはいえない。謎のフライ、縦半分に切られたちくわ天、きんぴら、豆の煮物、沢庵、さらには、フライの下につけ合わせのレタスまで敷かれている。おかず部門が全体の3分の2を占めているので、ご飯の量はやや少なめという印象。ちなみに、ご飯と海苔のあいだにはちゃんとおかかも挟まっている。実食。謎のフライは、齧ってみるとなんと鶏肉のチーズ挟み揚げで、これは大好物なのでうれしいサプライズ。肉がやや硬いが問題にならないレベル。ちくわ天は青海苔が少なく、見た目はまずそうだったが意外にもモチモチしていて美味い。きんぴらは、レンコン、人参にプラスして、なぜか入っているキクラゲが食感を楽しくしてくれた。豆の煮物は苦手な料理なので、個人的にはマイナス点。むしろ、なんでこんなにたくさんの量なの?という感じ。沢庵はいまどきめずらしい蛍光マーカーのような色で、一瞬ひるんだが、残さず食べた。評価は8点(10点満点中)。思いがけずの鶏肉のチーズ挟み揚げの存在がなによりよかったし、この価格を考えればかなり高評価できるのり弁といっていいだろう。豆の煮物がほかのおかずであったなら、9点をあげても構わなかった。


拍手[0回]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
«  BackHOME : Next »
ブログ内検索
プロフィール
HN:
メニエル(Meniel)
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
のり、もしくは海苔が弁当名に入っているのり弁だけをレビューします。
最新コメント
[12/18 メニエル]
[12/16 Ayame]
[07/05 岩木]
[06/29 メニエル]
[06/24 甘酢あんかけ桜餅]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]